日常英会話ってどのくらいはなせればいいの?【えいご放題】

日常英会話に困らない程度の英語を勉強したいという声をよく聞きますが、
実際に日常会話を話す程度の英語力とはどのくらいでしょう?
今回は日常会話とはどんな英会話なのか、どのくらいの英語力が必要なのか、をまとめてご紹介します。

日常英会話にはざっくり分けると2種類有ります。
一つ目は、生活するにあたって必要最低限の英会話
二つめは日本後で日常会話をする程度の英会話

生活するにあたって必要最低限の英会話

全く日本後が話せない外国人が突然日本に旅行に来たときに、最低限の日本語として
・あいさつ
・返事
・自分が何処に行きたいか
・公共の交通手段で必要な言葉
・要望の伝え方

この辺りが理解していれば自分の宿泊先までまず行くことができ、
次の日の観光先への行き方や、誰かに何かを聞きたいときに自分の要望さえ聞くことが出来れば、
私たちも突然声をかけられた時に相手が何を伝えようとしているかくみ取ることが出来ますよね。

日本人が外国に行ったときも同じで、最低限の言葉をまずは覚えておき、意思さえ伝えることができれば、
相手は自分が何を言いたいのか、何処に行きたいのかを理解してくれるでしょう。

いろいろな表現とは?

例えば、

「挨拶」
Hi how are you doing? - I’m good!  調子はどう? 調子良いよ!
See you next time!  また今度ね
See you later.  またあとでね
Take care!  気をつけて/おつかれさま

「返事」
I got it!  分かったよ!
Sure! もちろん

「目的地へ」
I want to go △△.  私は△△に行きたいです。
Could you tell me the way to ○○??  ○○への行き方を教えて頂けませんか?

「乗り物」
Does this train go to ○○?  この電車は○○に行きますか?
What’s the next stop?  次の停車駅はどこですか?
Do I need to change trains?  乗換は必要ですか?

このように、生活で必要な最低限の英会話は、表現がある程度決まっているので、
固まりとして学び、覚えておくことで対応出来るようになります。

日常生活を想像して、本当に使う英語を外国人に直接学ぶことは何よりも近道な学び方です。

英会話スクールでまず学ぶことはこういったフレーズです。フレーズを覚えておけば何処に行きたいとき、
何かを伝えたいときも、聞きたい単語をさえ変えれば伝えることはできます。

日本語で日常会話をする程度の英会話

私たちが普段話す、
・今日の出来事
・最近の気になったニュースや噂話
・最近買った物
・今後の予定のこと
・自分の気持ちやコメント
などは日常会話のほとんどになります。

日常会話ではレベルにもよりますが自分が日本語で話したいこと、
気持ちをそのまま英語で言い換えることができるようになることで、相手とのコミュニケーションを楽しく行うことが出来ます。

そのためにはまず、英語のルールをしっかりと理解をしていることが必修となります。

こういったレベルになっていくためには、フレーズ(文法)そしてシチュエーションに合った単語などを
徐々に徐々に覚えていき、声に出して何度も練習して、と言うことを繰り返していくことで、耳が慣れ、言葉も増え、
より英会話が楽しくなっていきます。

レベルによって分けられたクラスでは自分のレベルに合ったスピード、英語力で、外国人と実際に話す事に慣れていく事ことができるので、
安心して勉強することができます。

細かく分かれたレベル別のレッスン

えいご放題では、レベルが細かく分かれているとともに、教室もしっかりわかれているので、
他のレベルを気にすることなく勉強することができます。

講師陣も細かいレベルに沿ったスピード、単語で授業を行う為、初心者の方も安心してレッスンを
スタートさせることができるのが魅力のひとつです。

自分のレベルにしっかり合わせた授業を受けて自分のペースで英会話力をアップさせていきませんか?
えいご放題ではそんな生徒様をしっかりとフォローさせて頂きます。

ぜひ一度体験レッスンへ来てみて下さい。
詳しくは『えいご放題』で検索を!